投稿日: 2021/02/25

整体院 Revive

【🌸春のからだ応援キャンペーン第二弾🌸】

《肩甲骨周りの動きが悪くなる原因とその影響》

肩甲骨は本来背中の上部、胸の真後ろに位置し、自由に動くのが理想的です。

しかしデスクワークやパソコン作業、スマホの操作などを長時間行っていると猫背になりやすく、肩甲骨が横に広がってしまいがち。

また重い荷物をいつも同じ側で持ったり、どちらか片方の足に重心をかけて立つクセがある人は、身体が左右非対称に歪んでいて、肩甲骨も左右で高さがズレてしまっている場合があります。
肩甲骨周りに影響を及ぼすのは、身体的なクセだけではありません。

心的ストレスが溜まってくると、肩が内側に入り背中が丸まってしまうため、
肩甲骨がハの字に広がって胸の中心が閉じている状態に。
この姿勢が続くと呼吸も浅くなって内臓が圧迫されるため、胃腸の不調や便秘を起こしやすくなります。

このようにゆがみが生じた状態で肩甲骨周辺の筋肉が硬直すると、肩周りの動きが悪くなって肩こりや頭痛を招き、ひどくなると耳鳴りやめまい、
さらに悪化すれば自律神経失調症を引き起こす可能性もあります。


猫背になると、背中にある大きな筋肉「僧帽筋」が硬くなり、血流が悪くなってコリができることがあります。僧帽筋には表情筋をサポートするような役割があるので、これが硬くなってしまうと、表情筋も正常に動かなくなり、顔のたるみやくすみをまねくことに。

また、猫背になると呼吸が浅くなってしまうので、血流が悪くなって肌荒れを起こしたり、エイジングサインが加速したりすることにつながります。

このほかにも猫背は、バストやヒップが垂れて見えたり、内臓が縮こまって便秘を引き起こしたり、腰痛や肩こりを引き起こしたりすることがあります。こうしたことから、猫背の改善は健康のためにも美容のためにも大切です。

自分では自覚していなくても、実は猫背である場合があります。
まずは下記のチェック項目に答えてみてください。

□スマホやPCを使うときはうつむきがち
□後ろ向きで壁に体をつけた時、かかととお尻、肩甲骨、後頭部の4点がつかない
□バストやヒップの下垂が気になる
□太りやすくなった
□便秘がち
□顔のたるみやくすみが気になる

いかがでしたでしょうか?

姿勢を整えると、横隔膜がしっかりと開き、呼吸が深く入るようになります。酸素がたくさん入るのです。
これが根本的な、老けない身体を手に入れるための第一歩となります。さらに、背骨を通して神経や血液のパイプが流れています。

これらを滞りなくよどみなく流し続けることで疲れにくい身体を手に入れることも可能となります。

年々活動量が減るので筋肉量も減っていきます。
その状態が続くと、痛みがコリが発生するのはもちろん、やはり仕事へのパフォーマスンスも下がっていきますし、どんどん老けていく一方です。


肩こりがあり【肩甲骨はがし】に興味ある方は必見!!

-----------------------------------------------------------------------------

menu:肩甲骨はがし整体

価格:8,800
2回目以降 6,600
【午前中予約限定 4,400】

【 新規女性様 初回ご予約で4,400円】


所要時間:60分 問診検査込み
2回目以降30~40分



ご予約の際は

【初回肩甲骨はがしメソッド】

と必ずお伝えください!!
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。